Counselor's soliloquy

独り言・・NPO(特定非営利活動法人)Mental Navi Net「メンなび」を主催しています。 http://mentalnavi.com
<< My wrong memory・・・ | TOP | I can't understand・・・ >>
suicide attempt・・・
 今日は間違いなく・・・アディクション研究会。

 薬物依存症者の自殺企図に関する研究の発表。


 全く、参考になった発表だった。

 みんな勉強してるなぁ。



 日本の自殺者数は由々しき事態を迎え、厚生労働省の研究チームがまとめた報告書が最近発表され話題を集めたばかりである。


 世界では約100万人/年が自殺し、日本ではここ数年約3万人/年の自殺者を出している。

 WHOは自殺既遂者1名に対し未遂者が20名存在するとの見方をしており、したがって、60万人の自殺企図者のなかで、3万人の既遂者を出しているという見方が可能である。











 60万人といえば・・・鳥取県の人口とほぼ等しい。

 それほどの人間が何らかの理由で”死にたい”のであり、企図に至っているのである。










 薬物依存症者の自殺企図率は一般の約24倍と高率。

 いくつか興味深い部分が・・・


 Parental Bonding Instrument(両親の養育態度に関する尺度)を用いた調査によれば、16歳以下の生育歴のなかで父母からの冷たく拒絶的な養育態度が遠位リスクファクターとして自殺企図と関連づけられ、また、故に、情動調節としての薬物使用も勘案されるとのこと。







 また、自殺企図者と精神的疾患との関連について調査したいくつかの研究では、無病は0%〜最大11%。substance use disorder群では、25%〜最大60%となっている。

 つまり、何らかの精神的疾患が関連づけられ、中でも、薬物使用者の企図率は高率であることがうかがえる。



 






 日頃から、依存症の方々と接する機会が多いだけに、実際の臨床に照らし合わせお話を伺う事が出来た。


 理由のトップは、衝動的52% 対人関係42%。

 助かった理由は、たまたま死ねなかった56% 思いとどまる18%。

 予告は、28% 受診(企図前)46%。



 考察として

 薬物の早期使用。

 中学生開始群は、高校生開始群より企図率が高い。

 ■愛情薄く、薬物の早期摂取があり、何らかの精神的疾患を抱える者の自殺企図率は高率である。

 (薬物の早期摂取による暴露が精神的疾患へつながるのか、精神的疾患による情動調節(不快・苦痛緩和)を目的とした薬物の早期摂取なのか・・・どちらとも言えないとのこと)


 断薬と親密な関係への介入。

 さらに、父母の養育体験を視野に入れた精神療法が効果的ではないかとしめくくられた。



 ダルク(DARC)「(DRUG=薬物)のD、アディクション(ADDICTION=嗜癖、病的依存)のA、リハビリテーション(REHABIRITATION=回復)のR、センター(CENTER=施設、建物)のC」入寮者の自殺企図率が低いのは、ダルクに未然に防ぐ有用ななにかがあるのではないか。


 一つは”寂しくない”というものがあるのではないか。
 説教であっても、ピアカン的なものであっても、誰かがいて、関われる。

 つまり、関心を持たれることがリスク回避につながっているのではないか。


 参加したダルク職員は

 「この病気は(薬物依存)誰からも相手にされなくなる病気であり、そこが施設であろうと、相手が医師であろうと、話を聞いてくれたり、どんな形であろうと、他者に関わってもらえることは回復(依存症)に役立ったいる」と。

 
 発表者は

 薬物使用者の自殺企図の原因の70%が”うつ”と”父親の養育態度”と話された。

 ”心の中に誰もいない”状態だと。







 私の臨床経験もそれを肯定する。

 多くの調査・研究の結果や、脳の研究で見えてくることが、自らの臨床家としての活動を裏付けるものとなっていることは私の(私たちの)信念を強力にサポートしてくれる。


 ”関心を持たれることの重要性”
 ある医師は

 「A,A(Alcoholics Anonymous) は evidence のない ritual だ!」と言い切ったが、今日の研究結果を見ても、”関心を持たれる””仲間””ピアカウンセリング”などのつながりが、自殺企図の防止にも充分役立っていると実感する。



 可能なら・・・”evidence”について、研究したいものだ。


 とりとめなくなったが、このような勉強の機会を与えられたことに感謝したい。
 
| - | 00:01 | comments(2) | - | ↑PAGE TOP -
コメント
おはようございます。

臨床医学はそもそも経験則の集積ですよ!!

証拠 っても 基礎医学と違うから AAは儀式 なら医学も儀式です。
| じょ〜じや〜ん | 2008/07/23 7:04 AM |
あらら、こちらではお久しぶり。

 そうですね、そういうことを明らかにしていけたら・・・なんて考えもしますが、なにせぼぉ〜っとしてるものだから。

 クリアーになるのかな。この頭^^;。
| | 2008/07/23 3:32 PM |
コメントする